特定処遇改善加算「見える化」について

介護職員等特定処遇改善とは

介護職員の処遇改善については、これまで多くの取り組みが行われてまいりましたが、令和元年10月の消費税率引き上げに伴う介護報酬改定において「介護職員等特定処遇改善加算」が創設され、当法人におきましても加算算定を行っております。

詳細については次の厚生労働省通知等をご確認ください。

介護職員等特定処遇改善加算(厚生労働省資料)

介護職員等特定処遇改善加算(I)取得施設

  • 特別養護老人ホーム すずの郷
  • 特別養護老人ホーム すずの郷 西館

特定処遇改善加算に対する具体的な取り組み内容

職場環境要件 当法人の取り組み
資質の向上 働きながら介護福祉士等の資格取得を目指す者に対する実務者研修や、より専門性の高い支援技術を取得しようとする者に対する研修の受講支援
  • 資格取得支援を積極的に行い、勤務調整(休日取得の優先等)しやすい環境作りを行っている。
  • 資格取得に向けた実技指導の実施。
労働環境・処遇の改善 新人介護職員のための早期離職防止のためのエルダー・メンター制度の導入。
  • 入職時の研修の実施に加え、毎月研修会を実施し職種の垣根を越えて情報共有を行い、フォローし合える環境となっている。
子育てとの両立を目指す者の為の育児休業制度等の充実、事業所内保育施設の整備
  • 職場内に企業主導型保育施設を創設し、育休後も安心して職場復帰出来る環境を整えている。
  • 介護・看護休暇の半日単位での取得。
ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえケア内容
  • 朝礼の実施により情報共有を図っている。
事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
  • ヒヤリハット報告書の活用。
  • 事故カンファレンスを行い、再発防止を図る。
  • 業務改善委員会によるマニュアル作成。
健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備
  • 年次健康診断の実施。
  • ストレスチェックの実施。
  • 館内全面禁煙、分煙スペースを整備している。
その他 地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上
  • 地域児童と共に稲刈り体験や、各種行事を実施。
  • 地域生徒の職場体験等の実施。
非正規職員から正規職員への転換
  • 非正規職員から正規職員への転換を推奨している。

PAGE TOP